ケンウッド DDX375 レビュー

ケンウッド DDX375

ケンウッドの2DINサイズ AVメインユニット DDX375です。

カーナビゲーション機能は無く、DVD/CD/USB/iPodなどを手軽に楽しみたいという方にオススメの機種です。競合機種としてはカロッツェリアのFH-780DVDが機能、価格帯共に似たようなタイプです。

KENWOOD ケンウッド DDX375 レビュー動画
http://youtu.be/W0KDgl6XbYg

KENWOOD MP3/WMA/AAC/WAV対応DVD/USBレシーバー DDX375

新品価格
¥22,539から
(2014/10/2 03:21時点)

VRモードに対応していますので家庭用のDVD/ブルーレイレコーダーでCPRMに対応したDVD-RWディスクに録画した地上波番組やBS/CSスカパーの番組を車でも見ることが可能です。また、リアモニター映像出力も備えていますので、フリップダウンモニターや外部モニターを接続することにより、大画面で映像を楽しめます。

※最初に車に取付した状態、またはバッテリー交換した場合、デフォルトでリアモニター出力はOFFになっています。音声ボリュームダイヤルの上のAVボタンを長押しすると映像出力がONになります。

FH-780DVDではデフォルトでリアモニター出力ONになっていますので、FH-770DVD、FH-780DVDなどカロッツェリア系から機種変更した場合には注意が必要です。

DDX375は、6.1V型のワイドVGA液晶画面を搭載した2DIN規格サイズのヘッドユニット。CD/DVDをはじめ、USBやiPhone、iPadの接続・再生が可能。

地デジチューナーは搭載しておらず、外部機器として接続して機能させるようになる。画面はLEDバックライト搭載のタッチパネルが採用されている。最大50W×4出力のパワーアンプを内蔵するため、本機にスピーカーを接続するだけで、映像や音楽コンテンツを楽しむことができる。

CD/DVDでは、CDDAやDVD VIDEOはもちろん、MPEG1/MPEG2などの映像フォーマットや、MP3/WMA/AAC/WAV といった圧縮フォーマットの再生に対応している。家庭で録画したデジタルTV番組が楽しめるVRモードやCPRM方式にも対応している。

USBデバイスに収録されたファイル再生では、MP3/WMA/AAC/WAV音楽ファイル再生に対応。また、映像データではMPEG1/MPEG2動画再生やJPEG静止画像のスライドショー再生も可能。

音質調整として、3バンドパラメトリックEQ、ラウドネス、クロスオーバー、ソースボリュウム、スピーカーセレクトといった機能を搭載している。外部機器との接続でシステムが拡張できる映像出力端子とフロント/リア音声出力(ステレオ)、サブウーファー音声出力(モノーラル)のプリアウト端子をリアパネルに装備。

くわえて、後方安全確認をサポートするリアビューカメラ入力端子も備えている。

発売日:2013年12月中旬
価格:オープン

関連記事

return top